障害者グループホームの詳細情報を記載しています

障害者グループホームで必要な夜勤の人数

障害者グループホームで必要な夜勤の人数 入居者が共同生活を送る障害者グループホームの場合、夜勤に必要なスタッフの人数は最低でも3名は必要であると厚生労働省の指針で決められています。
しかし現状は人手不足が深刻で、多くの障害者グループホームではスタッフ確保のために臨時職員をアルバイト等で募っているところがほとんどです。
障害者グループホームで理想的な夜勤の人数は5名ですが、これは入居者の安全確保を優先するためで決して多いわけではありません。
たとえばトイレに行くのに介助する人の力が必要であったり、寝たきりで自力では寝返りが打てないといった場合にはスタッフがそれらを担当しなくてはいけません。
必要人数に達していないと、1人で複数の業務をこなさなくてはいけずスタッフの身体的過労だけでなく入居者に対しての大きな事故を誘発しかねないといえます。
昨今では特別手当を付けたり、1時間おきに休憩が取れるなど事業者ごとで工夫をして人員確保に努められています。

障害者グループホームに入所したら特別児童扶養手当は支給されるのか?

障害者グループホームに入所したら特別児童扶養手当は支給されるのか? 障碍者を持つ親御さんにとって、その養育費は大きな問題となります。
障碍者の関係で支給される手当に特別児童扶養手当があります。
これは障害児に対して支給されるものではなくて、20歳未満の一定の障害児童を監護している父母、又は代わって障碍者を養育している者対して支給されます。
ただし、その対象児童が児童福祉施設等に入所している場合は、支給から除外されます。
ここで問題になるのが、対象児童が障害者グループホームに入所している場合です。
つまり、障害者グループホームが児童福祉施設にあたるのかどうかという問題です。
通常はグループホームは一般賃貸住宅扱いになるので、別居監護の申し立て書によって認められれば対象になると思われます。
しかし、グループホームがどの様なサービスや対応があるのかで、児童福祉施設に該当する場合もあるようです。
入居されている障害者グループホームが、施設扱いか居宅扱いなのかは、市町村に良く確認する必要があります。