障害者グループホームの日勤人数

障害者グループホームの日勤人数

障害者グループホームの日勤人数 障害者グループホームは激務だと言われており、人手不足が嘆かれている業界でもあります。しかしながら、必要な日勤の人数は人員配置基準によって定められているので、この人数を満たしていれば、運営を行うことが出来るのです。まず管理者を一人配置することが必須です。次にサービス管理責任者を、利用者の数を30で除した数以上確保しなければならないのです。そして世話人として、利用者の数を10で除した数以上配置する必要があります。

グループホームを運営している時間が週に何時間であるか、法人かどうかなどでも細かい計算は異なりますが、概ねこのような計算で算出された人員を配置しなければなりません。残念なことではありますが、近頃では勤務する人に負担がかかり、ケアがおざなりになってしまったり、事件に発展してしまうケースも増えているという現実があるのです。そういった事態を避けるためにも障害者グループホームで必要な日勤の人数をきちんと確保することが大切だと言えます。

障害者グループホームで昇給を目指すときに行うこと

障害者グループホームで昇給を目指すときに行うこと 障害者グループホームで働きながら昇給を目指すなら、まずはコツコツと仕事に打ち込んでみてください。入社してから早い段階で給与をあげてもらいたいと思っても、そううまくは行きません。まずは、真面目に働く姿勢を見せることがとても重要です。金銭面のことを重視するのではなく、障害者の方の役に立てるように心がけながら働くようにしましょう。実際に真面目に働いていると、その姿が評価されるようになってきます。

周りから見て、なくてはならない人材だと感じてもらうことができれば昇給も夢ではなくなります。給与が変わる前には、事前に話をされることもありますので、じっくりと話を聞いて思っていることを吐露してみるとよいでしょう。また、障害者グループホームによって給与面が異なってくる点にも注目が必要です。グループホームによって、最初から高い給与を出してくれるところもあるので、応募する前には事前に十分な確認が必要になってきます。